カジノ内の各ゲームをトータルした時の数値

カジノ内の各ゲームをトータルした時の数値

例え高額な払い戻しを1人とする事になったとしても、確かに胴元であるカジノの側に全体でみれば利益が出るようになってます。「ジャック・オア・ベター」はドローポーカーの中でも代表的で、99.5%以上のペイアウト率を長期的・確率的に有利な戦術を取ることで叩きだすことが可能です。

ペイアウトの率は93-97%で、積立額もプログレッシブジャックポット機能(賭けを重ねるごとに勝ち役の賞金が上がっていく)を搭載した機種だと控除の対象となり(控除の率が沖雲)、その結果ペイアウト率は低めとなる傾向があります。前項で説明をした控除率(ハウスエッジ)と、このペイアウトの率は相関していて、たとえば還元率は控除の割合が高ければ低くなり、反対にペイアウトの割合は控除率が低くなると高くなるという仕組みです。

ラスベガスのようなランドカジノとコレは殆んど変わりません。字面からも「還元率」、「払戻率」の方が意味を想像しやすいかもしれませんね。

余談ですがオンラインカジノのペイアウトの割合は94-98%に設定されています。オンラインカジノの花形的ジャンルといえばビデオスロット・スロットマシンです。

しかし同じ戦術を全てのプレーヤーが取るわけではないので98%前後にトータルで見ると収束します。カジノの側はプレーヤーの勝ち負けに関係もなく、プレーの場を提供するのみで自然と儲かってしまうんデス。

それ以外の呼び名として「還元率」「出玉率」(パチンコで良くつかわれます)、もしくは「払戻率」とよばれるときもあります。いずれも、トータルでカジノ内の各ゲームを計算した際の数値デス。

カジノでは、確率統計的にルールや配当をハウスエッジが発生をするみたいに設定をしてます。「プレーヤーに賭けた金額(別途した金額)に対して支払われる配当の割合」をペイアウトの率とは示すものデス。

ゲームのバリエーションが豊富である事や強烈な一発逆転の素質を秘めているジャックポット(大当たり)、ボーナスゲームといった事から超人気です。